1978 プールでデビュー1年を振り返る

 デビュー前後のことを、石川ひとみ自身が述べている記事があるので、紹介しておきます。
 水がこわいひとみちゃんがプールに浮いていますが、幼児用プールとか?

 「誰もが、いつか時の流れを知るときがくる。そのとき幸せな想いにひたれるかどうか、それは今日の努力しだいだ」
 と、お父さんが、よく私に話してくれました。

 9ヶ月前、名古屋短大附属高校を卒業後、デビューのため上京するときも、歌手になることに反対だったのに、ひと言そういって見送ってくれたのです。

 ...そして、もうすぐ新しい年、'79年。
 お正月は、ひとみ、名古屋には帰りません。正直言って、大みそかのレコード大賞新人賞に出られないこと、自分に対してくやしいし残念です。

 

 この想いを胸に、かみしめて、東京で、初めて家族と離れてひとり、新しい年を迎えたいのです。

 

 きりっと気持ちをひきしめて、ひとみ、がんばりますヨ!もちろん、年越しそばは、名古屋のきしめんを、国立の寮で作って食べるつもりです。

 

 いま、楽しさと不安が入りまじって、ドキドキしてることがあります。元旦から一週間、東京・浅草国際劇場で、大先輩の森進一さんのショーに出させていただけるのです。

 

 とっても勉強になると思うんです。

 なかよしの(石野)真子ちゃんいっしょに出ます。楽屋では、ふたりで笑いころげてばかりかな?
 ウフッ!

 

 '79年の目標はもうひとつ。泳げるようになること!

 水泳って健康にいいし、やせるのにいちばんの方法じゃないかなぁ。

 6年ぶりに本格的に水泳の特訓をやったんです。

 なんとなく、フワッと浮いちゃって、スイスイ泳げそうな感じ...。

 

 やっぱり「努力」だなって思う。今度こそお父さんを喜ばせてあげられるかな?

 

 さあ新しい春の予感を胸に、ひとみ、もっともっと歌うヨ!

1978-01.jpg


 抜群の実力と実績をひっさげて、期待され歌手デビューを果たした石川ひとみ、年末恒例の新人賞に残ることができず、相当に悔しい思いを味わうことになる。

 この年の日本レコード大賞最優秀新人賞は渡辺真知子「かもめが翔んだ日」。

  新春の森進一ショーに出るとはいえ、帰郷をせずに一人で正月を迎えようというのは、人生始まって以来の孤独感を味わったことでしょう。

  森進一はナベプロの先輩であり、石川ひとみの舞台デビューの面倒を引き受けたわけですね。

 しかし、日本レコード大賞新人賞を受賞した石野真子もいっしょというのは、やはり心の中では悔しいはずです。

 

 上の写真はまるでスクール水着みたいですが、この笑顔ですから、楽しそうです。

 (えっ、笑ってるのではなく、水が怖くて引きつっているってか?必死のインタビューだったのかィ?)

 そういえば、ここはやけに浅い感じ。プールの手前の、足洗い場だったりして...

 (それはない、幼児用プールなのだ、本当は)


 ナベプロが水泳の特訓をやったのは、水着の運動会みたいな番組を企画して、歌手やタレントを売り出す作戦だったからだと思います。

 芸能人の運動会番組が、確かに多かったですね。でも、ひっちゃん水に入ったことがない。

 水の中に入っている、珍しい写真です。

コメントする

関連ページ&リンク

         「ていすとオブFavorite」

         「お知らせ」(記事 1)

最近のブログ記事

Ishikawa Hitomi "Nagori Yuki" Part2
 石川ひとみ『なごり雪』 from [ …
石川ひとみ 「長そでのカーディガン」
 石川ひとみさんの再起第一作のCDアルバ…
陣営とは何か?大衆音楽のダイナミズム
  わたしがこのブログを始めた…

カテゴリ別タイトル一覧

アイテム

  • aokei.gif
  • kumokei.gif
  • nagasodeno_cardigan.gif
  • ie.gif
  • kayoukyoku01.gif
  • culture_dynamism01.gif
  • shop_around.gif
  • hitominoasa.gif
  • mercy_stew.gif
  • tadaima2.gif
  • kanshou.gif
  • roman_ha.gif
  • koten_jidai.gif
  • youtube.gif
  • hitomi.jpg
  • si50286.gif
  • feed.gif
  • atom_ff.gif
  • atom_ie.gif