歌唱の変化「セプテンバーレイン」から「ひとりじめ」へ

  『まちぶせ』以降、石川ひとみの歌は本当に丁寧に気持ちを込めて歌うようになります。

 でも、ひとみちゃんの本来の歌い方は、「木綿のハンカチーフ」で見たように、全力投球型でしたね。
 「セプテンバーレイン」でも、そのポテンシャルの高さを、十分に見せてくれます。
 『セプテンバーレイン』



 この高音の伸びが、他のどの歌手に真似できない石川ひとみの売りです。

 太田裕美の歌に感じる「いまいち感」も、ひとみちゃんが歌うと、すっきり快便という(たとえが悪すぎる!)か、一気にエンジンが吹き上がるストレスフリーな爽快感をもたらしてくれます。

 ただただ、爽快感を味わうには、石川ひとみのこの系統の歌は最高ですね。

 そのひっちゃんの歌が、『まちぶせ』で一語一語ていねいに歌い込むようになりました。出力をセーブして、きめ細かく歌うようになった。

 それが如実に表れているのが、『三枚の写真』や『ひとりじめ』ですね。
 ひとことで言えば、粘着系の歌い方、言葉を変えれば演歌系統の歌い方と言っていいかな。
 でも、基本がさらりと歌う人なので、演歌的にはなりませんけど。



 この出だしを聴いただけで、丁寧に歌おうという気持ちが伝わってきます。

 「わたしだけの ここォーろォー」

コメントする

関連ページ&リンク

         「ていすとオブFavorite」

         「お知らせ」(記事 1)

最近のブログ記事

Ishikawa Hitomi "Nagori Yuki" Part2
 石川ひとみ『なごり雪』 from [ …
石川ひとみ 「長そでのカーディガン」
 石川ひとみさんの再起第一作のCDアルバ…
陣営とは何か?大衆音楽のダイナミズム
  わたしがこのブログを始めた…

カテゴリ別タイトル一覧

アイテム

  • aokei.gif
  • kumokei.gif
  • nagasodeno_cardigan.gif
  • ie.gif
  • kayoukyoku01.gif
  • culture_dynamism01.gif
  • shop_around.gif
  • hitominoasa.gif
  • mercy_stew.gif
  • tadaima2.gif
  • kanshou.gif
  • roman_ha.gif
  • koten_jidai.gif
  • youtube.gif
  • hitomi.jpg
  • si50286.gif
  • feed.gif
  • atom_ff.gif
  • atom_ie.gif