Hitomi Ishikawa 「懐かしきリフレイン」

石川ひとみ【懐かしきリフレイン】(1981.07.21)『まちぶせ』所収
作詞:山上路夫/作曲:浜田金吾/編曲:渡辺茂樹

 山上路夫の歌詞はすがすがしい。この人らしい、歌です。
 ほどほどに抑制がきいていて、ほどほどに歌手との距離感を保っていて、大人の風格があります。
 この「懐かしきリフレイン」は、当初『まちぶせ』の時にリリースを予定していた曲だとか。
 『夢番地一丁目』に引き続いて、山上路夫路線で行こうとした。

 けれども、『夢番地』の手応えがいまいちであったため、それよりもインパクトが弱いかなと感じるこの「懐かしきリフレイン」はLP『まちぶせ』の方に回されることになった、と。

natukasiki_refrain.gif山上路夫のさわやかな歌詞
ただ、その愛すべき特質が、良くも悪くもニュートラルな歌となって結晶する。

山上の良さは「さりげなさ」にあるのだなと思う。

破れている古いポスターが ガード下の壁に 残っていた

さりげない。何がさりげないかといえば、

破れ書けたコンサートのポスターが、いつまでも残っている。これは決してメジャーな歌手のコンサートではないですね。

大手の音楽事務所や大手の映画会社のポスターというのはきちんと管理されていて、次々と新しいものに張り替えられます。コンプライアンス遵守。

そういう既存の管理体制に組み込まれていない、ゲリラ的にガード下に貼られたポスターで、なおかつ「チケットも買えないほどの人気だった」ということがまずスタートです。

グループサウンズの創成期がそうでしたね。ザ・カーナビーツとか、オックスの赤松愛とか...

次々と聴衆の女の子たちが失神する、フィーバーぶりでした。

私が住んでいたすぐ近くにカーナビーツのメンメンが住んでいて、衣装が一着しかなくて、クリーニング屋に行って着ている上着を脱いで渡し、上半身裸で彼らのアパートに帰って行く、という光景を見たことがあります。

 それで、夕方に服を取りに行って、それを着てコンサートに出発する。

 私も、大江健三郎が言うところの「アンラッキーヤングマン」のようなジャズメンの仲間にポスターを描いて、街頭に貼り付けゲリラをやったものです。

 大手の事務所では、まずこんなことはあり得ない。

 タイガースではやらないな。ナベプロですから。

 私的な印象ですと、コンサートではなく映画のポスターですね。アメリカの学園紛争「いちご白書」

 「いちご白書をもう一度」 作詞、作曲:荒井由実、ばんばん

 確かに、「いちご白書」の破れかけたポスターをみた記憶があります。

 Lovi is gone! などという甘いメロディーではありませんが、今は私のリフレイン、というのは共通しています。

 それで、「時は心洗うものでしょうか」以下の歌詞、前回書きましたように、まさに男の感情の生成消滅の理(ことわり)をストレートにさりげない言い回しで表しています。
 しっかりと抑制が効いた、実にすがすがしい表現だなと思う。

 石川ひとみが歌っているので、女性らしい感情表現のように思えますが、実は男の気持ち(男の中の女性性)を投影した歌なのではないかな。

 「あの時の歌を リクエストしたなら、深夜のラジオで あなたは きくでしょうか?」
 
 You are gone. 今はわたしのリフレイン、と終わっていますけれど、女性はその時のことを事細かに覚えていまして、リアルに「あの時、あなたはこうだった!」と、揚げ足をとられたり、忘れていたことを指弾されたりしますね。

 けっして、このようにさわやかに終わらせてくれない。

 けれども、山上は「あなたは きくでしょうか?」とさりげなく書いているけれども、本当は「今でも好きだよ」と伝えたい、という思いを表現しているのでしょうね。

 その辺が、山上路夫の歌詞の食い足りない部分かなとおもう。
 良くいえば、演歌にはならない。
 悪く言っても、演歌にならない。

 You are gone !You are gone !では終わりきれないものを負っている人からすると、食い足りないと感じるかもしれない、な。

 甘い感傷に浸れる人には、さわやかな感傷の歌であるに違いない。


 言葉よりも、自分の経験の方が重いと感じる歌詞ですと、食い足りないなと感じるのかもしれない。
 山上路夫の感性の質がここに現れているように思う。

 まあ、しかし歌謡曲ですから、そこまで食いついて批評してはいけないでしょうね。

 編曲の渡辺茂樹は、あのワイルドワンズのチャッピーだよね。
 ノスタルジックサウンドを上手く醸し出していると思います。

 この歌は、LPアルバム『まちぶせ』に収録されていまして、カセットにコピーして、車の運転中にさんざん聴いていましたので、わたし的にも懐かしきリフレイン、になっています。

コメントする

関連ページ&リンク

         「ていすとオブFavorite」

         「お知らせ」(記事 1)

最近のブログ記事

Ishikawa Hitomi "Nagori Yuki" Part2
 石川ひとみ『なごり雪』 from [ …
石川ひとみ 「長そでのカーディガン」
 石川ひとみさんの再起第一作のCDアルバ…
陣営とは何か?大衆音楽のダイナミズム
  わたしがこのブログを始めた…

カテゴリ別タイトル一覧

アイテム

  • aokei.gif
  • kumokei.gif
  • nagasodeno_cardigan.gif
  • ie.gif
  • kayoukyoku01.gif
  • culture_dynamism01.gif
  • shop_around.gif
  • hitominoasa.gif
  • mercy_stew.gif
  • tadaima2.gif
  • kanshou.gif
  • roman_ha.gif
  • koten_jidai.gif
  • youtube.gif
  • hitomi.jpg
  • si50286.gif
  • feed.gif
  • atom_ff.gif
  • atom_ie.gif