石川ひとみ 「恋」 愛されない片恋

  前作に引き続き、岡田冨美子さんの作詞に、今回は玉置浩二がいかにも彼らしい曲をつけた、大人の女の「聴かせる曲」ですね。
 アイドル歌手を卒業した石川ひとみの、といっても必ずしもアイドル路線を歩んできたわけではないのですが、今後の方向性を打ち出す曲として、ファンは受け止めたと思う。
 石川ひとみ 「恋」 (1983/9/21)  作詞:岡田冨美子、作曲:玉置浩二、編曲:萩田光雄

 『冬のかもめ』以上に思い入れを強く歌っていて、かわいらしいひとみちゃんが演歌っぽい表情になり、「子どもっぽいルックスが、大人の歌を歌うのにネックになっている」と本人が言うのが納得されます。

 でも、石川ひとみの哀しみの表情、たいへんイイのでヘッダー画像に使わせてもらっています。


 
 『恋』は何度も四つ葉動画社で削除されていますので、今回も別なのを引っ張ってきました。

 岡田冨美子さんは漣健児の影響を受けて作詞を始めたのかなと推察するのですが、漣健児が行った大胆な原詞の改変に通じる自由な発想とイマジネーションに特質を見いだします。想像力派なのでしょう。

 洒落た歌を作るのが好きなのかなという感じで、まみれ系の歌は、得意ではないような...。

 「にわか雨」のように乙女チックな曲では生き生きとしたものが生まれるのに、大人の歌を作ると、言葉が上滑りしているような曲になります。



       石川ひとみ 『恋』

     愛すれば必ず 愛されるなんて
     皆は言うけれど 嘘だと思う
     願いは走るのに 届かない涙
     あの人の心を 変えられますか

     
  ここまでは、何か乙女チックで、洒落た言い回しをしています。

 ところが、いきなり

 「過ちで結ばれても 女心は燃え上がる あの人は何にも分かっていない」ときます。

 オーソドックスな「起承転結」の組み立てですけれども、「転」の部分が、落差が大きすぎるほどですね。

 しかし、「過ちで結ばれても 女心は燃え上がる」って、本当ですか?と、素直に心に流れ込んでこない。なぜかといいますと、

・「過ちで結ばれて」

・「女心」

 の部分ですね。

 散文的にいってしまえば、「不倫の恋は燃えあがる」ということですね。

 それを岡田さん流にきれいにサラリと表現しているわけです。ただし、その表現については、いくつか問題点があるのですが、旧稿の部分は削除しておきます。長くなりすぎる。

 「男心」と違う「女心」があるというのは分かりますが、「過ちで結ばれて、燃え上がる女心」というものが、ごく一般的にあるのだろうか?


 女心を歌った有名な短歌に、「相見ての 後のこころに比ぶれば、昔はものを 想はざりけり」というのがあります。

 どのような意味かといいますと、「好きな男と男女の関係になってみると、それ以前の乙女チックな恋心など、何も考えていなかったと思えるほど男への愛しさが増すものだ」という気持ちを詠っているのです。

 女性の場合は、思考と感情が不可分に結びついている度合いが大きいために、本気で愛していなければこうはならないのだと思います。

 岡田さんは不倫の愛を「過ちで結ばれても」というふうに表現していますが、これが素直な理解を妨げているかと思うな。
 3年後に、小柳ルミ子がカバー曲?『乱』として、歌詞を全面的に変えてリリースしているのを読むと、やはりこれは不倫ということなのだと納得しました。

小柳ルミ子 『乱』(1986) 作詞:FUMIKO、作曲:玉置浩二

     天窓をあけると 銀色の夜風
     私を抱くあなたを 三日月が斬る
     死にたいとささやく ぜいたくがこわい
     こんな愛を知ったら つらくなるのに...

     そのせつなさが うれしい
     好きかと きかれるたびに
     あなたへと 命乱れてゆく



 
 言葉が自由に飛翔して、FUMIKOさんのイマジネーションがどのようなものであるのかが、よく分かる。
 ただ、一カ所、ものすごくリアリティーを感じるところがあります。

 「好きかと きかれるたびに

 ここだけ、散文的で生の言葉が出ています。
 やはり、不倫の歌なのだな、と納得。

 「(オレを)好きか?」と、交際相手に訊く男...

 女性のあなたでしたら、どういう印象を持つでしょうか?

 私でしたら、女扱いになれた中年以上の、(少しばかりヤクザな)男、というイメージですね。
 お前が好きだ、なんて口にしないような男だね。
 

 それで、ひとみ版「恋」の人物像も、「あの人は 何も分かっていない」と恨まれる「多分に世間ずれして無神経になっている男」のイメージです。


 この『恋』は『ひとりぼっちのサーカス』と同じ系統、いわば続編のような位置にある歌だといえよう。


 「泣きながら眠る夜は 生きてることが悔しくて あきらめてみるけど」 思い切れない・・・

 こちらの方は、男女の経験がなくとも、乙女チックな片思いの気持ちで書けますので、インパクトのある表現になっています。
 岡田さんはレトリックに凝りすぎて、変に歌詞が分かりにくくなっているところがありますが、素直に表現したこの部分では、グッとくる女性は多いのではないかな。

 歌詞は、LP 【プライベート】 (1983.08.21)に入れる予定で岡田さんの方は出来ていたのですが、玉置浩二の曲が何度も練り直しをして間に合わず、シングルとしてリリースされました。

 それだけ、完成度も高く、石川ひとみも大変気に入った仕上がりとなっています。
 『にわか雨』の好きなアイドル石川ひとみちゃんがいて、『恋』を気に入って珍しく思い入れたっぷりに歌う歌手石川ひとみがいる。

 プロデュース的にも、年齢的にも難しい時期にさしかかっていることは間違いないところですね。

コメントする

関連ページ&リンク

         「ていすとオブFavorite」

         「お知らせ」(記事 1)

最近のブログ記事

Ishikawa Hitomi "Nagori Yuki" Part2
 石川ひとみ『なごり雪』 from [ …
石川ひとみ 「長そでのカーディガン」
 石川ひとみさんの再起第一作のCDアルバ…
陣営とは何か?大衆音楽のダイナミズム
  わたしがこのブログを始めた…

カテゴリ別タイトル一覧

アイテム

  • aokei.gif
  • kumokei.gif
  • nagasodeno_cardigan.gif
  • ie.gif
  • kayoukyoku01.gif
  • culture_dynamism01.gif
  • shop_around.gif
  • hitominoasa.gif
  • mercy_stew.gif
  • tadaima2.gif
  • kanshou.gif
  • roman_ha.gif
  • koten_jidai.gif
  • youtube.gif
  • hitomi.jpg
  • si50286.gif
  • feed.gif
  • atom_ff.gif
  • atom_ie.gif