石川ひとみのプロデュース、トライ&エラー(2)

 本来ならば、 『まちぶせ』を挟んでこの記事がくるはずですが、もともと1ページの記事を、長すぎるとして分割しましたので、連続性を重視して先に掲載します。

 今回は『まちぶせ』以降、『秘密の森』までのドメイン分析を試みておきたい。
 組織が拡大するにつれて、隅々まで総合プロデューサーたる渡辺晋の目が届かなくなっていく。
 そして、渡辺晋自身のカンも少しずつ狂っていくのに従い、歌手のプロデュース路線も意味が分からないリリースが目立つようになっています。

 これは、最初のお断りしたようにマクシマムなファン層が受ける印象という意味合いで見ています。

 舞台裏ではいろいろな事情があるはずですが、ファン層は受け取ったものをどう感じるかだけですので、どういうつもりだったかというのはあくまでも後日談にしかなりません。

 次に示すのは、『まちぶせ』以降の、シングル曲ドメイン分析図です。

domain_analyze01.gif 前回示した『まちぶせ』の位置を再スタート地点として、赤文字で示しています。

 『まちぶせ』の次は、『ひとりじめ』がふさわしく、『三枚の写真』はその後にくるべきだとか、
 『君は輝いて天使に見えた』は良い曲だけれども、TPOが全然ミスマッチ、
 『冬のかもめ』で軌道修正できたかと思うと、『パープルミステリー』はどういう意味があるのか?
 『にわか雨』は、またまた正調『アイドル路線』にカムバックですか?と疑問が湧き、
 『恋』はいきなりまみれ系に突出して、この前後関係は何考えているの!と思え、
 『メモリー』...このニュートラルな曲が、モグラたたきのようにポンと飛び出し、
 『アモーレ』という毛色が全然違う別路線の曲といってよいものがリリースされ、
 『裸足でダンス』は歌手側の意図とファンの受け止め方が完全に別れる結果となり、
 『南回帰線』では、歌詞の言葉が一人歩きしているけど、ポジション取りは外していない、とか、
 『秘密の森』は、恋愛歌からは完全にスピンアウトして、全然別系統。

 ...ということが、一目瞭然で分かります。

 現実には、シングル曲だけでなく、LP(アルバム)も間に挟んでいるし、ビデオや写真集、ヌードカレンダーもプロモーションの一環として出していますので、もっと総合的に見ていく必要はあるでしょう。

 けれども、歌手はシングル曲が売れてこそ、ですから。シングルを頭に、他はしっぽの部分で、いわゆるロングテールの収益戦術が成り立っている。
 ですから、このドメイン分析だけで、本質的なことには十分迫ることができると考えます。

 詳細は、ふたたび曲解説で見ていきましょう。

 まず、石川ひとみの大ヒットとなった『まちぶせ』について、様々な角度から光を当てて、単なる歌詞解釈に終わらない全貌に迫ってみたい。

 私は総花的で可もなく不可もなしという、毒にも薬にもならないような批評をするつもりはないことを、はじめにお断りしておきます。

 独自の切り口で切り込んで、一面の真実に、それぞれ深く達してみたい、と。
 それは他面で、常識的で表面的なものの見方をしている方には、たとえばベニテングダケのような毒々しくも鮮やかなものにうつるかもしれない、かな。

 様々な人生経験を積んで多様なものの見方ができるのが大人であり、一面的なものの見方しかできずそれに固執するのは未熟さ故だと...そういう自覚をもって読んでいただければと思う。

 アイドルという舞台の上の虚構に浸っていたい方は、このカテゴリー記事を読まない方が良いと申し上げておきます。

コメントする

関連ページ&リンク

         「ていすとオブFavorite」

         「お知らせ」(記事 1)

最近のブログ記事

Ishikawa Hitomi "Nagori Yuki" Part2
 石川ひとみ『なごり雪』 from [ …
石川ひとみ 「長そでのカーディガン」
 石川ひとみさんの再起第一作のCDアルバ…
陣営とは何か?大衆音楽のダイナミズム
  わたしがこのブログを始めた…

カテゴリ別タイトル一覧

アイテム

  • aokei.gif
  • kumokei.gif
  • nagasodeno_cardigan.gif
  • ie.gif
  • kayoukyoku01.gif
  • culture_dynamism01.gif
  • shop_around.gif
  • hitominoasa.gif
  • mercy_stew.gif
  • tadaima2.gif
  • kanshou.gif
  • roman_ha.gif
  • koten_jidai.gif
  • youtube.gif
  • hitomi.jpg
  • si50286.gif
  • feed.gif
  • atom_ff.gif
  • atom_ie.gif