石川ひとみ版 「なごり雪」

| | コメント(0) | トラックバック(0)
 石川ひとみ『なごり雪』 from [ With -the best of 一五一会 ] 
 作詞・作曲:伊勢 正三 (原曲:1974年 「かぐや姫」の『三階建の詩』収録)
 歌い継がれる歌の『なごり雪』をひとみさんが歌います。イルカの歌のイメージを壊すことなく、歌手が石川ひとみというのが本当にうれしいところです。
 
前回の『長そでのカーディガン』も、Part1がなくなってしまって、本文のない注記だけみたいな記事でしたが、今回はしっぽもない。



 「なごり雪」は男の目線で書かれた歌詞ですから、『長そでのカーディガン』と対にすると、イイかもしれないね。

 曲を作った伊勢正三には、以前取り上げた「22才の別れ」がありますが、この「なごり雪」はもっと若い高校生の卒業の歌なのでしょう。

 意味的にいくと、高校を卒業した女の子が東京を離れるという状況はあまり一般的なことではなく、昔から違和感を感じていたのですが、チェックしてみると伊勢正三の郷里である大分県津久見市がそもそもの舞台だということで納得しました。

 駅まで見送りに行くということは少しだけ友達以上ですけれど、恋人未満の若い二人、どちらかが上京したとしても残された方には寂しさがある。
 上京する方は同じ寂しさを感じているにせよ、これから始まるであろう大都会の新しい生活に胸をふくらませる想いも同居している。

 これが22才の別れなら、後を追って合流するくらいのことは考えられるけど、恋人未満である18の春ではそういうところまではいかない。淡い恋心の終わりをなごり雪に託すだけ。

 地元を離れて都会に出て行くひとは、大なり小なりそのような経験があるから、共感する人が多いのかと思う。

 (翌年にリリースされた太田裕美 『木綿のハンカチーフ』 (作詞:松本隆1975年12月21日)は、おなじモチーフをふくらませて、男女の相聞歌という形でまとめ上げて、男性・女性からの支持を受けたことはご存じの通りです)

 この歌では、ローカル色を払拭してメジャーな歌として成立させるために場を東京にしたことで、そのような本来は個別的であるこころの風景を普遍化することに成功していますが、表現としての繊細なリアリティーを失っています。
 それを、東京出身のイルカが繊細な歌唱力で、本来の感情風景をすくい取ることによって大ヒットになっていったのだろうか。


 そのような成立事情を知らなかった私はずっとこの歌に、意味的な違和感を感じていたのですね。
 私も郷里を離れて上京した人間の一人ですが、驚いたことにクラスの男子はほとんどが地方出身者で、女の子たちはほとんどが東京出身なのですね。

 私たち田舎者は東京の女の子たちの華やかなところに圧倒され、女の子たちは地方出身者に野性的なものを感じて惹かれる、というところがあったようですね。
 それで、卒業を迎えると男たちは郷里のエリートコースにUターン。頭はすでに出世コースに向かっていってしまっている。
 女の子たちはそれとなく、「もうすぐクニに帰ってしまうのね?」と、男の気持ちを探ってみる。開かれた大都会育ちの彼女たちが、見知らぬ閉鎖的な田舎まで追っかけていくことは、ほとんどあり得ないから。

 そういう経験しか知らない私には、東京を離れて郷里に帰る女の子というイメージがリアルにならなかったわけです。

「いま春が来て きみは きれいになった」...芽生え始めた恋心をはっきりと意識し始めたぼく。

 学校を卒業して郷里に帰るという「きみ」を、私なら引き留めるね。郷里に、長くつきあってきた恋人がいるといっても引き止めるでしょう。

 けれども、彼女が東京などの大都会に行くというなら、止めないと思う。やりたいこともあるだろうし、何よりも可能性が開ける、将来がある。そして自分もまた、都会にいくという選択をとるでしょう。

 とるはずだと思う。相手が石川ひとみ(級の美少女)なら、絶対!勝負だ...

 けれども、男というのは高嶺の花というのは別世界の存在だと、達観しているところがあるからね。


 相手が石川ひとみちゃんのようにかわいくて美人だったら、上のフレーズですね、これを引かれ者の小唄のように、誰もいなくなった駅のホームで小声で口ずさんで涙を流すのがオチでしょう。

 それがごく普通の行動なのだと。何も言えず一人になってから泣くことが、実は男らしい行動なのだね。
 女の場合は、自分が愛していても引き止めてくれない男よりは、さほど熱い気持ちを抱いていなくても自分を愛してくれている男の方を選ぶことがほとんどだといってよい。

 「津久見」を「東京」と言い換えただけで、歌の世界全体の意味がガラリと変わってしまうのだ。


 それにしても、『長そでのカーディガン』と『なごり雪』を石川ひとみくんが歌う。
  [ With -the best of 一五一会 ] すばらしいです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 石川ひとみ版 「なごり雪」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mediaxross.com/feeling/mt/mt-tb.cgi/4

コメントする

About this ブログ記事

2010年7月28日 22:45ブログ記事一覧です。

前の記事は「石川ひとみ「雨に誘われて」 再録

次の記事は「「長そでのカーディガン」にみる石川ひとみの特質

最近の記事はトップページへ。
過去記事はアーカイブ