「パープルミステリー」の色の意味

| | コメント(0) | トラックバック(0)
 の歌詞にはパープル、イエロー、オレンジなどの色名が出てきたかと思いますが、他の色であってもかまいません。西洋の色の概念は純然たる色成分の名称であり、単独では何の意味も含まれていないからです。 

 これらの色は、たんに口調あるいは曲のリズムを合わせるために選ばれただけであって、この色でなければならない理由は特にはないのだといってよいでしょう。

 レッドやブルーでは、パープルという色名のバリエーションとして口調が合わない、ということですね。

 ですから、パープルミステリーとは何か、を検討すれば、他の色については以下同文ですませていいと。それで、結論を言えば「意味はありません」ということになるでしょう。

 石川ひとみちゃんが子どもの頃に書いた作文の課題に「私の悩み」というのがありましたね。
 作文の結語は「なやみはありません」というものでしたけど、そういう話になってしまいます。

 でも、前の記事は説明不足かなと思いますので、例によって落ち穂拾いをして、増補しておきます。

 私たちがパープルという色を想像する場合、漠然と紫色を思い浮かべ日本語の紫色にまつわる情趣を連想するのかと思います。

 私も若い頃に紫色のパンタロンを履いて、紫色のシャツを着たりしていたことがありますが、紫色を好むのは欲求不満の現れであるという心理分析の説明を読んで、そうかな?と考えたことがあります。
 今でも、紫色の服を着ている人を見ると、そういうことを連想してしまい、色というのは個人的色彩なのだなという思いがあります。

 現在ですと、自然豊かなところに住んでいますから紫といえば藤紫や竜胆(竜胆)色という感じですので、ずいぶんと情趣が変わってきます。

 ですから、あの色彩心理学の話というのは、西洋心理学の翻訳に過ぎなかったのだな、と思います。

 ちなみに紫色とひとことで言っても、これだけの色があります。
 古来日本語の色名というのは、そのほとんどが現実にある事物の色であり、それらの属性を捨象した色を表す形容詞というのは実に白・黒・青・赤しか、はじめの頃はなかったようです。

 三原色の一つである緑は、緑の黒髪という表現では黒髪の縁語でしかなく、緑色を意味してはいない。

 大岡信の『詩の日本語』によれば、黄色は「黄色い」という変則的な使われ方で、後から成立したものだという。

 「うすむらさき、という代わりに、藤袴(ふじばかま)や萩や葛を直接に名指す。黄という代わりに、山吹を言い、女郎花(おみなえし)を言い、菊を言う。淡紅なら撫子(なでしこ)、桃、葵(あおい)、牡丹(ぼたん)、合歓木(ねむ)、蓼(たで)その他。赤なら椿、百合その他。紫なら藤、菫(すみれ)、杜若(かきつばた)。碧なら桔梗(ききょう)、朝顔、紫陽花(あじさい)、竜胆(りんどう)。そして白なら梅、萩、橘、卯花(うのはな)その他。

 植物だけでない。顔料もまた、丹砂、朱砂、燕支、青黛、空青、紺青、緑青、雌黄、銅黄、胡粉、蘇芳、雄黄、代赭、鉛丹、紫土、金薄、銀薄、藍花、紅青などと物質のなで呼ばれるのだ。」


 ふりがなを記さないとほとんど読めないでしょう?私の子どもの頃でも、絵の具の色はすべて漢字で示されていましたので、今でも黄土色とか群青だとか言ってしまいますけど。
 
 「臙脂(えんじ)・朽葉(くちは)・青磁・浅葱(あさぎ)・朱鷺(とき)・鶯(うぐいす)・くちなし・錆朱その他その他、日本にはじつに豊かな、ほとんどその豊かさに茫然とするほどの色名がある」

 いくら言語力が低下した現代人といえども、パープルやイエローを紫・黄色と頭の中で翻訳した際には、日本的な情趣の一端が頭をよぎるのだろう。

 そうであれば、このパープルミステリーという歌詞は「夜明けのスキャット」ほどの意味も持ち合わせていないというのは、言い過ぎなのかと思う。

 でも、それぐらい過剰に言わないと、現在の読者層には分からないだろうという気持ちがあるので、ジャーナリスティックな書き方になってしまうわけだね。


 それで、『くるみ割り人形』の歌詞では、いきなり「るり色風吹くアスファルト」と始まりますけれど、「瑠璃色」は私たちの世代の人間には、大人気だったラジオ番組の「少年探偵団」の主題歌で広く知れ渡ったかと思う。
 「勇気りんりん るりの色望みに燃える 呼び声は朝焼け空に こだまする」

 瑠璃色の風は冷たい風ということになりますけれど、それを連想できない人は、パープルミステリーについても、連想ができないかもしれないな、ということを考えてしまいますね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「パープルミステリー」の色の意味

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mediaxross.com/feeling/mt/mt-tb.cgi/8

コメントする

About this ブログ記事

2010年7月28日 23:22ブログ記事一覧です。

前の記事は「Ishikawa Hitomi 「夢回帰線」Yume Kaikisen

次の記事は「池井昌樹さんの詩でも

最近の記事はトップページへ。
過去記事はアーカイブ